オイルレポート 4月26日号

【概況】<インドなどアジア地域での感染拡大により上値重く>
●16日、米国の個人消費や雇用に関する指標改善に続き、今年1~3月期の中国国内総生産(GDP)が前年同期比18.3%増と、四半期ごとの数値公表が始まった1992年以降で最高の伸びを記録し、世界1、2位の経済大国の景気回復が進み、エネルギー商品需要が増大するとの期待が高まりました。ただ…